空き家等のご相談

山梨県FPセンターでは国土交通省令住宅セーフティネット法による「くらしと住まいを守る」居住支援法人として国土交通省指定確認検査機関日本住宅性能評価機構と連携して空き家、不要とされる建物の再利用などの相談に対応しています。

 

相談内容としては
① 再利用の可否を調査する
② 住宅ローン(フラット35、リ・バース60・・・・)などの利用方法を検討する
③ 瑕疵担保責任などリスク対策を確保する
④ 性能評価による劣化と耐久性の度合いを確認する

 

これから注意することは
⑤ 劣化と老朽化による使用限界
⑥ 継続的な修繕費用の負担
⑦ 管理費用の支出
⑧ 最終的な解体処分費用
⑨ その他、土地建物に関する諸問題等
継続的な見直しが必要となります。

 

様々なご相談に電話、メール、リモート、対面に対応しております。
尚、国土交通省居住支援事業の一環ですので料金は発生いたしません。


国土交通省令山梨県知事指定第2号
「くらしと住まいを守る」
居住支援法人山梨県FPセンター

甲府市宝1-21-20 農業共済会館3F
TEL: 221-8868  FAX: 221-8869
URL: https://www.fpc-yamanasi.com
E-mail: info@fpc-yamanasi.com


 

山梨県FPセンター
住宅確保要配慮者
居住支援法人
山梨県指定 第002号

記事検索

最新記事:5件

2021年2月26日

空き家等のご相談:居住支援法人山梨県FPセンター

2019年1月23日

山梨県知事より居住支援法人として認可されました

2017年12月30日

隠れ肥満、隠れ貧困

2017年9月23日

保険を検討するとき、押さえておきたいポイント

2017年9月16日

デジタル終活

PDFファイルの参照には ADOBE READER (無料)が必要です。
上のバナーから ADOBE READERのダウンロードサイトへアクセスし、お使いのOS環境に最適なバージョンの ADOBE READER をダウンロードして下さい。